院長

「病診連携」

「病診連携Wの会」

 中村眞巳 著

 悠飛社出版

 著者の考える、病診連携の
  ルーツと歩みを綴った一冊です。


中村胃腸科内科医院
病診連携
 

病診連携とは

 患者さんを中心に、病院と診療所が協力して、よりよい医療をすることを病診連携といいます。 入院の必要な方、より高度な検査の必要な場合、かかりつけの先生から病院に紹介いたします。 入院の方も退院のときは、信頼できる先生を病院より紹介します。

  病診連携Wの会

Wの会は、済生会神奈川県病院および近隣の開業医との間で、よりよい病診連携を実現しようと意見の交換をしてきた会です。

患者さんの紹介、逆紹介、在宅ケアについて、病院と開業医の間の具体的な問題を検討するのが目的ですが、特にこの会をとおして単なる紹介状のみでなく、お互いに直接顔をあわせて、紹介、逆紹介上の問題点を討議をすることで、より良い医療と相互信頼を目指しています。

より良い医療の構築には、患者さんを中心に、病院と診療所、病院と病院、診療所と診療所、それぞれ関係するダブルドクタ−(Wドクタ−)の緊密な連携と、関係する全てのスタッフ(パラメディカル)の協力が欠かせません。

Wの会は、この趣旨に賛同した有志世話人により企画運営されています。

 

 
 

 

中村胃腸科内科医院